pageup

その他の機能・特性

遮音

◆制振試験

音は振動から発生し、振動として伝わっていきます。ガイナは、塗膜を構成するセラミック球による反射や吸収で振動を抑え、音をやわらげることができます。
制振試験:無塗布
制振試験:フタル酸塗布
制振試験:ガイナ塗布
(浜松工業試験場での測定結果)

◆衝撃音実験

通常のフライパンと、ガイナを塗布したフライパンをハンマーで叩いたときの音を騒音計で測定。
衝撃音実験

無塗布フライパン:94.7dB
ガイナ塗布フライパン:74.9dB
差:19.8dB


耐 久

セラミックを多層化したガイナは、通常の塗料の2〜3倍の耐久性を持ちます。

安 全

水性であるガイナは、有機溶剤などの危険物を使用しません。
内装用ガイナは、室内空気環境の安全の目安となる、F☆☆☆☆(フォースター)を取得しています。
外装用ガイナでは、F☆☆☆☆が取得できませんが、アルデヒド類や揮発性有機化合物(VOC)に対して F☆☆☆☆ と同程度の安全性能を確保しています。


登録番号:N13007(内装用ガイナ)