pageup

遮熱/ガイナの遮熱性能を検証

建物外部で熱の発生を抑え、室温を下げる

模型の家の屋根にガイナと一般塗料を施工し、ライトを照射。室内温度の比較により、ガイナの遮熱性能を実証します。

スマートフォン、タブレットPCでご覧の方はこちら


検証実験:ガイナの遮熱性能【1】ガイナ塗布/無塗布の表面温度の差

実験1

RC建造物屋上のガイナ塗布箇所と、ガイナ無塗布箇所の表面温度を計測。
測定日:2008年9月3日
外気温:33℃

実験結果
ガイナ無塗布箇所は約48℃、ガイナ塗布箇所は約35℃となった。

屋外での結果を基に、室温を予測


検証実験:ガイナの遮熱性能【2】ガイナ塗布/無塗布(表面)での室温(裏面)への影響

実験1

一般塗料とガイナそれぞれを塗布したコンクリートを設置。表面温度が48℃になるようライトを照射し、両者の裏面温度を計測。

実験結果
一般塗料塗布コンクリートの裏面温度は38.6℃、
ガイナ塗布コンクリート裏面温度は33.6℃となった。

ひとつ前のページに戻る