pageup

空気質改善/ガイナの空気質改善を検証

検証実験:

一般的に、空気中を浮遊しているホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しており、室内の壁や天井に静電付着します。
ガイナは帯電性0.0の性質を持っているため汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、浮遊しにくくします。


静電気実験

ガイナ未塗装/塗装済みの下敷きをタオルでこすり、ほこりに見立てた発泡スチロールが静電気によって付着するかどうかの実験です。

スマートフォン、タブレットPCでご覧の方はこちら

ひとつ前のページに戻る